エルネア王国史〜プレイ日記〜

スマホアプリ『ワールドネバーランド・エルネア王国の日々』のプレイ日記です。ジェイソン国在住。年代明記・ネタバレ配慮ほぼ無し。スマホからの投稿です。

222年② 仲人で東奔西走

《仲人プレイです。毒舌、かつえげつない内容が含まれますので、そういうのが大丈夫な方だけ先をお読みください。長文です》

 

 

ーーーーーー

 

第3子ナイトハルトは愛らしく、幼少期から中の人のお気に入り。成人式を経て、色白で優しい印象のイケメンに成長しました。

f:id:mukurin55:20161208005243p:image

名前の元ネタは『銀河英雄伝説』に出てくる帝国上級大将ナイトハルト・ミュラー。「よく判断し、よく戦い、よく主君を救う」鉄壁と呼ばれた良将で、こちらも大のお気に入りです。

 

大好きだからこそ願う。

私が気にいる素敵な女性と結ばれて欲しい。不細工な嫁は嫌だ。色黒却下、大きな瞳の清楚な美女求む。

 

ここに、仲人大作戦が発動しました。

 

【222年1日】

住民台帳を見て、今年成人した女性陣の容姿を確認する。

......しばし無言。美人がいない。例年になく不作で泣く。唯一の美人は吊目系だし。

ならば1つ年上の独身女性を。......美人がいない。ていうか、恋人無しの人1人しかいない。

仕方ない。ひとつ年下の幼女を青田買いするか。.........台帳をチェックして涙。成人すると綺麗になりそうな子もいなくはないが、今回は色黒と吊目は嫌なんだ。くそう、なんで我が国には、お目々ぱっちり色白美人が少ないんだ。

 

この日は、新年の行事に第6子誕生と忙しく、我が国の顔面レベルの低さに絶望しつつ就寝した。

 

【222年2日】

よし!外の世界から美女を呼ぶか。

エルネア王国 - 移住者検索・登録の力を借りて、若く清楚で、そこそこ戦える美女を物色する。綺麗だわ。目の保養だわ。

 

お目当の女性を見つけて、パスワードをコピー。「旅人の受け入れ」ポチッ!

 f:id:mukurin55:20161207084723j:image

受け入れできませーん。

絶望して、この日も不貞寝する。

 

【222年3日】

宿の空きが出るまで、悠長に待つ訳にはいかない。幸いなことに「今、宿にいる旅人のチェックがまだだった」と気づく。←遅

 

いた。1人だけ磨けば光りそうな子がいた!

 

シャロン・アッバーテさん。

 

慌てて酒場の客室に走って、シャロンさんにひたすら話しかける。世間話連打、いむぐるみの絨毯爆撃のおかげで、無事「友だち→仲良し」に。合間に「理容キット」を使用して、私好みの美女に変身した。これは、本当に万能アイテムだ。

そうだ。「帰化申請書」を渡すのを忘れてはいけない。これで、旅立たなければ明日にはエルネア国民になっているはずだ。

 

昼の評議会が終わってからは、ナイトハルトにびったりくっついて、釣り釣り探索釣り探索。他の女性と仲良くする暇を与えてはならない。油断するとすぐ他の女性が寄ってくるから大変だ。

 

オーレリーさんに我が子たち。愛しているから、当分、外で話しかけてこないでくれないか?女性達からナイトハルトが守れないんだ。

 

【222年4日】

シャロンさんは旅立たず、無事に国民になってくれた。青い国民服がよく似合っていて、可愛いなあ。

f:id:mukurin55:20161207100102p:image

※上段がデフォの姿。下段左から、理容キット使用後(2枚)、帰化後(2枚)

 

ここからが、仲人プレイの本番だ。まずは無難に「紹介する」から。

f:id:mukurin55:20161207100854p:image

残念。2人とも軽挙妄動を慎むタイプだったか。そこは突っ走って良かったのに。

 

まあいいや。さあ一緒に探索行こう!

嫌?断っても無駄だよ。君たちに拒否権はないからね。

f:id:mukurin55:20161207101909p:image

夜2刻まで「森の小径」を周回した。明日も周回するので、そこんとこよろしく!

 

【222年6日】

ナイトハルト目当ての女性は何人くらいいるんだろう。

ナイトハルトの動きを「おーい!」で止めて、誰が訪ねてくるか調べてみた。

 

朝1刻から昼2刻までの間に訪ねてきた独身女性は、シャロンさんを入れて6人。多いなあ。

f:id:mukurin55:20161207104628p:image

うん。シャロンさんは綺麗だ。

ヴィータさんは弟キルヒアイスの子、ウェンディさんは親友ケビンの子。血統的にはOKなんだが、ごめん。君たちの顔がダメなんだ。←酷い

 

5人のライバルを蹴落とすのは大変なので、妻子・親友とのお出かけ、畑仕事などをお休みすることにした。しばらくは仲人に全力投球しよう。

 

【222年7日】

ナイトハルトは王族で、シャロンさんは帰化旅人だから、結婚もお付き合いもできないんじゃね?ということに気づく。

 

気づくの遅いよ!アンネローゼの時に失敗したのに、また同じ失敗してるのかよ!

 

何とかならないのか。何か方法はないのか。

 

ナイトハルトの王族判定が消えれば、帰化旅人とも結婚できるらしい。ナイトハルトが王家の居室を出て、別の所に住めば良いのか。つまり、近衛騎兵になるか奏士になるかすれば良いんだな。

 

今年の近衛隊に、彼は応募してない。じゃあ奏士だ。ナイトハルト君。奏士になって、早く家を出て行くんだ!(酷)

 

王子が奏士になれるかどうかは、はっきりしない。wikiでも「×?  情報求む」となっていた。

ナイトハルトは第3王子だ。王太子には王太孫が生まれているから、王位継承には問題ない。奏士へのワンチャンあるんじゃないか⁉︎

諦めるのは早い。全力で頑張ってみようじゃないか。但し20日まで。←引き継ぎの関係

 

さあやるぞ!ナイトハルトが奏士になれるよう、まずは、彼と現奏士を友達にしなくては!

 

【222年9日】

毎日ナイトハルトを連れて、シャロンさんや奏士ラモンと探索している。ナイトハルトとシャロンさんとのツーショットは実に絵になり美しい。

 

彼女候補の中で一番手強いのは、スティファニーさんだ。色白・黒髪で涼やかな目。遺伝的にはそんなに悪くないのだが、性格の悪そうなキツい顔がどうしても嫌だ。受け付けない。

 

しかしナイトハルトは、そんな彼女に、どうやら執心しているらしい。先日の朝、城からワープしたかと思うと、何と彼女の家に行っていた。今日も、森の小径から出た途端ワープして、彼女と釣りに行っていた。許せん。

ティファニーさんも満更ではないらしく、昨日など、王家の居室にダイレクトでワープしてきた。私が城の入り口で「ナイトハルトには近寄らせない」と仁王立ちしていたせいなのか?

 

馬に蹴られて死んじまえ!

 

まさに私のことを言われているが、認めたくないものは認めたくない。仕方ないじゃないか。

 

ティファニーさんを他の男とくっつける作戦も同時進行中だ。

 

奏士のラモンとくっつけようとしたら、翌日にラモンに恋人ができてしまったので、山岳男子を紹介してみた。何回も探索デートで仲人したが進展する気配がなかったので、別の独身男性ミチェルも斡旋した。スティファニーさんとミチェルは、何度か一緒に行動しているところを見たことがある。これなら上手くいくかもしれない。

 

【222年12日】

ナイトハルト×シャロン×2回

ナイトハルト×ラモン(奏士)

ミチェル×スティファニー(ライバル) ×2回

 

↑の組み合わせで、飽きるほど森の小径を探索したが、状況は余り変わっていない。副産物で、卵とマル茸がたくさん貯まった。なんだか嬉しい。

 

昼1刻。探索に誘おうとシャロンさんの居場所を確認したら、表示されたのは「幸運の塔」。

 

何?誰かに告白されたの?それともしたの?

 

私は慌ててシャロンさんの元に走った。幸い彼女に恋人はできていなかった。ホッとはしたが、これから何回こんなことがあるのだろう。

ナイトハルト、早く奏士になって家を出て行っておくれ。奏士になれば、彼女と付き合うことができるのだから。

 

【222年13日】

この学年は恋愛の進展が遅く、恋人がいない人が圧倒的に多い。私が介入しまくっているせいだろうか。そうだろうな。

 

そんな男子10名・女子8名。今日めでたくも2組目のカップルが誕生した。

ダレル君とエリザさん。エリザさんは、ナイトハルトの彼女候補だった女性だ。これで1人ライバルが減った。ホッとした。

 

ところで、奏士ラモンは、奏士を誰かに引き継ぐ気はないのだろうか。

調べてみると、NPC奏士が他のキャラに引き継ぎするには、「奏士と恋人の仲がプロポーズ段階まで進展していることが条件?」らしい。奏士ラモンは、恋人と進展しているのだろうか。

そういえば!ラモンは恋人と全然デートしていない。デートの約束をしている様子もない。さすがは「マイペースな性格」だ。しかし、これだと恋人と進展するのは望み薄ではないか。

 

ラモンが恋人と進展してくれなかったら......アウトだな。

 

【222年14日】

今日は、第2子ヒルデガルドの結婚式の日。愛しい娘が巣立つ日だ。この日だけは仲人のことを忘れ、娘との時間を大切にしたい。

 

結婚式が始まるまでの短い時間、私は娘とハーブを摘み、魚を釣った。

 

「お父さん、今まで育ててくれてありがとう。今日、ロイクさんと結婚します。私の自由にさせてくれて......私の気持ちを尊重してくれてありがとう。......幸せになります...」

 ※ヒルデガルドの恋愛には、私は「完全に」ノータッチ。

 

ところどころ言い澱みながら娘は続ける。

「ナイトハルトのことだけど.....  お父さんが色々やってるのは知ってる。でも......最後に決めるのはナイトハルト自身だから......お父さんが思った通りにならなくても、決まったら祝福してあげて...」

 

娘にもバレてたか。気まずい。

 

「......あのね、お父さん。私、お父さんとお母さんみたいな夫婦になりたいの。いつも仲が良くて2人で支えあっている夫婦。......お母さん、寂しがってたよ。最近一緒に居られないって。いつまでも仲良く元気でいてね」

 

そうだな......。妻の寂しげな顔が目に浮かんだ。

 

20日になったら終わりにしよう。そしてまた、皆との時間を大切にしよう。どんな結果になっても祝福する。その心構えをしておこう。

 

【222年16日・17日】

「王族は奏士になれない→シャロンさん(帰化旅人)と付き合えない」時のために、保険をかけておくことにした。

この学年には1人だけ美女と言える人がいる。吊り目系の遺伝を考えて避けたのだが、彼女自身は十二分に美しい。

カレンさん。彼女とナイトハルトの探索デートもセッティングしておこう。失礼な言い方だが、シャロンさんと付き合えない時は、彼女を勧めてみよう。

 

さっそく彼女に会いに行くと、あれ?ミチェルがカレンさんと歩いてる?  え?幸運の塔に行くの?

 

カップル成立の瞬間を見てしまった。

 

ちょっとミチェル!スティファニーさんは、どうしたのよ!

 

ティファニーさんのステ欄を見たら、彼女にも恋人ができていた。ミチェルの前に仲人した山岳男子のロランが恋人だった。

 (ああ。スティファニーさんに恋人ができたから、カレンさんの方に来た訳ね)

 

混乱したが、とにかく最強のライバル・スティファニーさんはいなくなったわけだ。後は毎日シャロンさんと探索して......。

 

翌朝、シャロンさんを家まで迎えに行った私は、彼女が男性にエスコートされて幸運の塔に向かうのを見た。

 

終わったーーーー。

 

シャロンさんに、イケメンな恋人ができていた。※今年のエナの子に選ばれたティアゴ・ボレルが恋人

 f:id:mukurin55:20161207171818p:image

 

ショックで立ち尽くす私を見るに見かねたのか、親友のアマデオが食事に誘って慰めてくれた。その後 、私は独り浴場に行き、湯槽に埋まってこっそり泣いた。

f:id:mukurin55:20161207181657p:image 

ーーーーーー

 

《あとがき》

という訳で、仲人失敗しました。残念。

以後、ナイトハルト君の恋路には手を出さず、ステータスの恋人欄が埋まる日を楽しみに待ちたいと思います。

この長いエントリーを最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

《わかったこと》

前回のアンネローゼ、今回のナイトハルトの件から考えて、「PC、NPCに関わらず、王族判定ありの王族と帰化旅人は結婚できない。恋人になれない」のは確実だと思われます。

 

「王族判定のある王子は奏士・奏女になれない」というのは、はっきりしません。今回奏士になれなかった理由が、「王子は奏士になれない」せいなのか「現奏士が恋人とプロポーズ段階まで達しておらす、引き継ぎ条件を満たさなかった」せいなのか、わからないからです。

「王族判定が無くなればなれる」とも言われますので、4代目PC・王子エヴァで奏女に挑戦したいと思います。

 

※12月9日追記

26日朝に、ラモンからミチェルに奏士引き継ぎされているのに気づきました。翌日27日にミチェルから同級生男子(恋人なし)に奏子引き継ぎされました。ナイトハルトには、まだ恋人がいません。

これから推測すると、やはり王子は奏士になれないようです。

 

※12月10日追記

ナイトハルトは翌年3日に、ウェンディさんと恋人になりました。シャロンさんに恋人ができて以降は、私は完全にノータッチです。