エルネア王国史〜プレイ日記〜

スマホアプリ『ワールドネバーランド・エルネア王国の日々』のプレイ日記です。ジェイソン国在住。年代明記・ネタバレ配慮ほぼ無し。スマホからの投稿です。

222年③ 我が家のクローゼット

3代目

オーレリーさんは、若々しくて愛らしい女性です。毎日顔をあわせていても、見飽きることがありません。 

f:id:mukurin55:20161208143031j:image

「なあに、オーレリーさん?」

「あのね、服が増えてきたから着てみたいの。ラインハルトに見せたいな❤️」

 

そういえば、私の代になってから仕立屋のお世話になっているんでした。イベントで貰ったクーポンを握りしめて初めて店に入った時は、それは緊張したものです。

 

「ありがとう。私もオーレリーさん見てみたいな」

「うん!さっそく着るね❤️」

 

f:id:mukurin55:20161208144249p:image

f:id:mukurin55:20161208144302p:image

オーレリーさんは、ドレスが似合うね。ハロウィン衣装が凄く魅力的だよ。

 

「まだあるの。ワ国の服もあるのよ」

f:id:mukurin55:20161208144623p:image

f:id:mukurin55:20161208144630p:image

ほう。これがワ国の浴衣というものですか。普段に増して、しっとりとした魅力を感じますよ。学生服も仕立屋服も、なんて愛らしいんでしょう。オーレリーさん素敵です。

 

「ねえ、パパ」

f:id:mukurin55:20161208174021j:image

ん?エヴァさん、どうしたの?

 

「わたしも、お洋服着てみたい☆」

 

そっか、そうだよね。じゃあ着てみようか。

 f:id:mukurin55:20161208174219p:image

f:id:mukurin55:20161208174226p:image

かわいいよ。エヴァさん、よく似合ってるね。

「わーい❤️パパありがとう」

 

素敵な服がたくさん着られて良かったね。

緊縮財政下の我が家だから、クーポンはなかなか買えないけれど、少しずつ少しずつ集めていこうね。

 今日は、とても楽しかったよ。

 

 

※ラインハルトの髪は、親友のアンテルムに赤く染められました。