エルネア王国史〜プレイ日記〜

スマホアプリ『ワールドネバーランド・エルネア王国の日々』のプレイ日記です。ジェイソン国在住。年代明記・ネタバレ配慮ほぼ無し。スマホからの投稿です。

4代目(18) 王家からの独立、他

4代目

【王国暦228年③】

引越しの手伝いの時に見つけた1枚の紙。古い絵本に挟まれていたそれが、王家から独立するきっかけとなりました。

 

ーーーーーーーーーー

8日  収穫祭

朝2刻、豊穣の祈りで、今年もエナの子を務めます。大地の実りに感謝し、その実りをもたらしてくれた神に感謝する。

神を身近に感じられるこの儀式が、わたくしはとても好きです。

f:id:mukurin55:20170105134627p:image

 

「豊穣の祈り」が終わったら急いで噴水広場へ。今年はわたくしが出店を出すことになっています。

ウィアラさんのお店で「女神の火酒」を100本仕入れて商売開始。ひたすら並べて売りまくります。

f:id:mukurin55:20170105204841p:image

え?商品を転売して良いのかって?

「隣の店で買って自分の店で売る」やり方は、DQ4トルネコ以来の伝統なので大丈夫のはず。......たぶん。

出店は盛況で、夕方までに100本完売いたしました。

 

店が忙しいとマトラ釣りの時間が取れません。だから、釣り大会はちょっぴりズルしてしまいました。去年釣ったキングマトラを1匹だけ持って納品所にGo!

f:id:mukurin55:20170105205912p:image

472ノサで優勝しました。

 

 

14日  兄オスカーの結婚、そして......

今日は、オスカーお兄さまがレニー・アスナールさんと結婚する日です。

レニーさんはアンネローゼ叔母さまの第1子。わたくし達の従姉妹になります。筒井筒の2人が結ばれるのは、とても喜ばしいことです。

f:id:mukurin55:20170105213940p:image

f:id:mukurin55:20170105214000p:image

式後お兄さまから頼まれて、引越しの支度を手伝います。荷造り途中で目についたのは擦り切れた一冊の絵本です。

これは......昔、お母さまがよく読んで下さった絵本。懐かしいわ。

手に取ると、間から古ぼけた紙が一枚、ひらりと滑り落ちました。

何か書いてある......  これは...昔のわたくしの字?

 

紙に書かれていたのは、かつてPCを引き継いだ時に考えた「わたくしの人生の目標」だったのです。※1

 

  

15日  郊外の邸宅前で

あの古ぼけた紙は、わたくしに衝撃を与えました。

 

小さい頃、わたくしは「何かを作る人」になりたかった。奏女として香水を作る、家族のために料理を作る、料理の材料となる野菜を作る。

大きな畑のある家に住んで、みんなの為に「ものを作る」。そんな生活がしたかった。

 

今のわたくしは一体何がしたいのだろう。何を「人生の目標」とするのだろう。

 

思い悩みながら彷徨い、気づいた時には郊外の邸宅まで来ていました。

f:id:mukurin55:20170105225922p:image

広い庭一面に広がる菜園。わたくしは屈んで土を手に取りました。柔らかくよく手入れされた土。いつ入居者が来てもよいように、きちんと管理されているのでしょう。

ここの土は種を蒔かれるのを待っている。植物の命を育もうと待っている。

 

あたたかい......

手に温もりが伝わると、ほろりと涙がこぼれます。

そうだ。わたくしは命を育む仕事がしたかったのだ。土を耕して植物の命が育まれ、その植物を食べて人の命が育まれる。王国の食を支えること。それこそが、わたくしの生涯の仕事なのだ......。

 

 

 

......王家から独立して、この邸宅に住もう。そして土を耕して生きるのだ。

王族ではなくなるけれど、それは大きな問題ではない。わたくしの仕事に身分は必要ないのだから。

自然とそう思えたのです。

わたくしは、王家から独立する決意を固めました。

 

 

16日  王家からの独立

今日は、わたくしが王家から独立する日。王家の居室から去る日です。

 f:id:mukurin55:20170106003046p:image

両親や弟と朝食を摂るのも今日が最後。慣れ親しんで来た厨房や寝室、温室ともお別れです。

そこかしこに刻まれた小さい頃からの思い出。あの柱の傷は背比べの跡でしょうか。

「わたくしのことを覚えていてね」

思いを込めてつぶやきます。

 

f:id:mukurin55:20170106004235j:image

エヴァさん......」

お父さまが話しかけてこられました。

 

「王家の居室を出たら王族でなくなるのは知っているね」

わたくしは頷きました。

「......王族でなくなっても、あなたが私たちの子どもであることは変わらない。あなたは私たちの宝物。辛い時、寂しい時はいつでも会いにいらっしゃい。父さんも母さんも、あなたのことを待っているよ」 

  

堪えきれず涙があふれます。

お父さま、お母さま、今まで育てて下さってありがとう。わたくしは、お二人の子に生まれて幸せでした。

 

ーーーーーーーーーー 

f:id:mukurin55:20170106010809p:image

昼一刻。転居も滞りなく済みました。ここ「郊外の邸宅」で、わたくしの新しい生活が始まろうとしています。

「命を育むために」。わたくしは、今日も努力を続けます。

 

ーーーーーーーーーー

※1  「4代目①  4代目エヴァ・ブフナー」参照。

http://mukurin55.hatenablog.com/entry/2016/12/12/180005