エルネア王国史〜プレイ日記〜

スマホアプリ『ワールドネバーランド・エルネア王国の日々』のプレイ日記です。ジェイソン国在住。年代明記・ネタバレ配慮ほぼ無し。スマホからの投稿です。

4代目(21) 対バグウェル戦②

4代目

⚠️SS風です。今回はほぼ創作。

 【王国暦229年③】

《前回のあらすじ》

白夜の日の勇者対バグウェル戦。アンネローゼ(叔母さま)は必死に闘うが龍に押されて劣勢となる。起死回生の一撃は龍に躱されて、反撃を腹部に受けてしまった。

 

ーーーーーーーーーー

 4ターン目

轟音と共に煉瓦の壁が崩れます。壁に叩きつけられた叔母さまは、そのまま床に沈みました。瓦礫に埋もれた身体はピクリとも動きません。

闘技場を沈黙が支配します。

  

.........叔母さま...   倒されてしまったの......?

 

  

「もうイヤァーー!!」

貴賓席から女性の悲鳴が上がります。叔母さまの娘のレニーさんです。

「お母さまが死んでしまう!もう止めて!もうこれ以上は......!」

  

「姉ちゃん駄目だ‼︎ 」

制したのは、弟のジョフレ君。

「ボク達は母ちゃんと約束したんだ。ちゃんと最後まで応援するって。母ちゃんだって『絶対勝つ』って約束した!まだ母ちゃんは負けてない。辛くても怖くても、ちゃんと最後まで見なきゃ駄目なんだ!」

 

子供の小さな体が震えています。大粒の涙をいっぱいに溜めて、彼は母親に向けて叫びました。

「母ちゃん、ガンバレーー‼︎‼︎」

 

叫びが闘技場に谺し、観客の間に波紋が広がっていきます。それは呟きになり騒めきになり、じきに声援に変わりました。

「アンネローゼさま頑張って」「立って!起き上がって!」「負けないで!」

会場のあちこちから割れんばかりの声が上がります。

 

「.........う...」

叔母さまの意識が戻りました。

まだだ、まだ終わっていない。

皆の声援を全身に受けて、勇者が剣を支えに立ち上がります。その瞳から未だ闘志は消えていません。

 f:id:mukurin55:20170116195708p:image

 

叔母さまはゆっくりと息を吸い、半身の構えを取りました。肋にヒビが入っているのか、苦しそうな表情を浮かべます。

いえ、肋だけではありません。全身に傷を負って満身創痍。次が最後の攻撃となるでしょう。

 

彼女は腰を低く落として龍を睨みつけます。勇者の剣を握りしめて最後の突撃を開始しました。

 

5ターン目

バグウェルに向けて一直線に突き進む叔母さま。龍はその場で迎え撃たんと迎撃体勢を取りました。

叔母さまが懐から魔導カートリッジを取り出します。数は3つ。ソードバースト三連弾です。

 

バグウェルの周りで起こる激しい爆発。膨れ上がる3つの炎。闘技場の床が抉れて岩の塊が飛び散ります。土埃が激しく舞い上がり龍の姿を隠しました。

 

やったか⁉︎               いや......

 

「フハハハハ! 当たらなければどうということはない!」

高笑いする龍。全くの無傷です。魔法の狙いを外したのでしょうか?

 

いいえ違う! あれは最初からバグウェルの周りの床を狙った。何故ならーー

 

「むう...  勇者はどこへ消えた!?」

勇者を探して龍が左右を見渡します。叔母さまは見つかりません。

「ならば後ろか?」

右後ろの死角。そこにもいない。

「ぬうぅ...  どこへ行った!」

彼女がいるのはーー

「......上か!! 」

 

舞い上がった瓦礫を足場にして、叔母さまが龍の頭上高く跳んでいました。

 

闘技場の天窓の先には輝く光星。蒼白い光を背負って叔母さまが宙を舞っています。銀色の鎧は光を反射してキラキラと煌めき、腰のリボンはふわりと羽のように広がりました。 光の粒子を纏って翔ぶ姿は美しく、神の使いのように見えました。

 

「おぉ......」

一瞬、龍は彼女に見とれーー

 

 

次の瞬間、唐竹割りにされていました。

 

 

「試合終了! 勝者、勇者アンネローゼ!」

神官が右手を高く上げ、闘いの終わりを告げました。

 

 

閉会式

闘いを終えた勇者たち。

治癒の呪法が施された後に、閉会式が行われます。

f:id:mukurin55:20170116202105p:image 

叔母さまは龍からドラゴンドロップを、王から龍騎士の武器と称号を賜りました。レニー・ジョフレ姉弟が、それを誇らしげに見つめています。

f:id:mukurin55:20170117011810j:image

 

龍騎士アンネローゼよ。我は其方が気に入った。我はバグウェルの森にいる。いつでも会いに来るがよい」

そう言い残して、バグウェルは森へ帰っていきました。

 

◇◇◇◇◇◇◇

 

f:id:mukurin55:20170117011501p:image

 叔母さまは、歴史に名を残しました。

 

 

ーーーーーーーーーー

《あとがきみたいなモノ》

実際のプレイでは、3ターンで割とあっさりバグウェルに勝利しました。本気バグウェルと比べて、手加減しすぎで弱い龍が不満だったので、この話では手強くしてみました。叔母さまと龍の怪我は試合後に治っています。

「SS風でバトル物」ということで書くのが非常に難しかった。聞いたような台詞があるのは、中の人がガノタだからですw

 

ギブルはこんな感じ。↓ 儲かりましたw

f:id:mukurin55:20170119193220j:image